カラマツの芽吹き - 上高地ガイドツアーのナショナルパークガイド
16779
post-template-default,single,single-post,postid-16779,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

カラマツの芽吹き

上高地でも木々の芽吹きが始まり、風景の色が日に日に春らしくなっています。大正池のまわりでは、ヤナギの葉の淡い黄緑色が見えてきました。ヤナギと言っても、しだれず、直立のヤナギです。
川沿いや水辺にたくさんあるので、上高地に来た方は必ず見ている木だと思います。

カラマツもぐんぐんと新芽を出しています。
3週間前と、現在の比較をしてみました。

3週間前カラマツ

現在
カラマツ

現在のカラマツの葉は6~7㎜になりました。

カラマツの芽吹きが見られるのは、今の時期だけです。バスターミナや小梨平で見られますので、じっくりとカラマツの枝を観察してみてはいかがでしょうか。

あこ

本日オススメの服装

  • ウィンドブレーカー
    ウィンドブレーカー
  • フリース
    フリース
  • 帽子
    帽子

▶ガイドが教える上高地服装アドバイス

No Comments

Post A Comment