ガイドが教える上高地服装アドバイス - 上高地ガイドツアーのナショナルパークガイド
15365
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-15365,page-child,parent-pageid-58,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive
 

ガイドが教える上高地服装アドバイス

上高地の気温推移・おすすめの服装

上高地の季節ごとの、おすすめの服装をご紹介します。
あくまで上高地(大正池~徳沢)の散策の目安になるものです。
この服装で登山はできません。

気温は、年ごとやその日の天候によっても大きく変わります。
「本日の上高地&服装」にて最新の気温・服装情報を随時更新していますので、そちらもご覧ください。

平均最高気温参考:東京
4月7.4℃19.0℃
5月14.3℃22.9℃
6月17.1℃25.5℃
7月21.2℃29.2℃
8月22.4℃30.8℃
9月17.3℃26.9℃
10月12.7℃21.5℃
11月9.7℃16.3℃
  • 上高地の平均最高気温

  • 東京の平均最高気温

出所:上高地の平均最高気温は上高地公式ウェブサイトより、東京平均最高気温は気象庁のページ(1981~2010平均)より抜粋。

日中の服装朝晩の服装ひとこと
アドバイス
4月下旬フリース、手袋、ニット帽+ダウン、ネックウォーマー雪が残っているので、
足元をしっかりと
5月上旬フリース、手袋、帽子+ダウン、ネックウォーマー雪も降りますが、
日中は日差しが強くなります
5月下旬ウィンドブレーカー、帽子+フリース、手袋穏やかになってきますが、
霜が降りることもあります
6月上旬ウィンドブレーカー、帽子+フリース、手袋日ごとの差が大きいので、
天気予報の確認を
6月下旬ウィンドブレーカー、帽子+フリース雨が降ると
肌寒さを感じます
7月上旬ウィンドブレーカー、帽子+フリース梅雨は雨具の
用意をしっかりと
7月下旬長袖シャツ、帽子+ウィンドブレーカー夏本番ですが、悪天候時に
備えて上着は必要です
8月上旬長袖シャツ、帽子+ウィンドブレーカー日差し対策と
水分補給をしっかりと
8月下旬ウィンドブレーカー、帽子+フリース朝晩は
肌寒さを感じます
9月上旬フリース、帽子+手袋朝の気温が10℃を
切るようになります
9月下旬フリース、帽子+手袋、ニット帽朝の気温が5℃を切り、
年によっては霜が降ります
10月上旬フリース、手袋、ニット帽+ダウン、ネックウォーマー朝は氷点下になるので、
真冬の服装を
10月下旬ダウン、ネックウォーマー、手袋、ニット帽日中と同じ冠雪した山が見られる
日が多くなります
11月上旬ダウン、ネックウォーマー、手袋、ニット帽日中と同じ手先・足先・首回りの
防寒もしっかりと

※スマートフォンは表をスクロールできます。

服装ワンポイントアドバイス

服装について

気温は東京と比べ、8~9℃程度低くなります。野外を歩きますので、長袖や長ズボン等、露出の少ないものがオススメです。防寒具は、調節しやすい重ね着が基本になります。雨具と防寒・防風に兼用できるレインウェアは、どの季節でも持っておくと安心です。

帽子について

標高が高いため、日差しは非常に強いです。5月などの寒い時期でも、日中は日差し対策が必要になります。日よけの帽子と防寒の帽子をうまく使い分けてください。

雨対策について

狭い道が多いため、長時間の散策の際には傘よりもレインウェアがおすすめです。雨が強い日には、折り畳み傘と併用するとより快適です。

靴について

砂利道が多いですが、高低差はそれほど大きくないので、晴れた日であればスニーカー程度で問題ありません。
雨が降った場合、水たまりやぬかるみが多くなりますので、トレッキングシューズなど防水の靴の方が安心です。スニーカーの方は、防水スプレーなどを利用すると良いでしょう。

カバンについて

両手が空くものが基本です。長時間歩く場合、重心が身体の中心に近い方が疲れにくくなります。リュックも、肩紐をあまり長くしすぎず、背負った時に楽なように調整しましょう。
キャスター付きのものは、散策時にはおすすめしません。舗装されていない道ではキャスターが壊れる可能性があります。必要な場合には、事前にホテルに送るなどすると安全です。